最近新型コロナウイルスの拡大で世の中は戦々恐々としていますが、特に高齢者は自己防衛の為にも自己免疫力を上げなければなりません!

 

感染を抑止する事も大事ですが、この事が長引く事により日々の生活の営みを社会と隔離する方が、高齢者にとって寿命を短くさせる要因にもなります。

外出を控え家に閉じこもる習慣がつく事が、高齢者の健康維持にとってマイナスであるかは火を見るまでも明らかです。

かと言って無防備で外出する事も自殺行為です。当然出来るだけ罹らない様に準備をして平常の生活を過ごすことが重要です。

 

そんな中で中高年に特に気を付けて頂きたい事から「食事に関する事」を連載したいと思います。

 

第一回は「食事を作る事が中高年にどれほど寿命に重要か」をお知らせいたします。

まず料理に関わる資料で、「買い物と料理をする人としない人」の健康状態のデータから、料理をする方の健康状態が良いのに比べしない方は短命との調査結果があるという事です。

又その料理をする事に関する環境が変化(負担)している事が分かってきました。

このデータを見る限り男性は特に、1)買物を毎日する事で寿命が延びています。2)週5日以上食事を作る事で寿命がしない方と2ポイント以上違いが出ています。

高齢者になればなるほど自立度を維持(買物や料理など)して行く事が健康で長生きする事に重要かが分かってきます。

次回は「高齢者の食事内容の実態と改善案」を探ってゆきましょう。

 

Follow me!