スパイスががんの抑制に効果があるかもしれません!?

ハーブとスパイスが前がん状態の細胞の炎症を減らすことができたため、ミクロレベルの腫瘍の成長を予防できる効果が期待されています。

 

効果を認める3種族とは「The Zingiberaceae Family・・ジンジャー・ターメリックなど」「The Lamiaceae Family・・ミント・タイム・マジョラム・オレガノ・バジル・ローズマリーなど」

「The Apiaceae Family・・パセリ・コリアンダー・チャービル・フェンネル・クミン・ニンジン・セロリなど」があります。

 

ポリフェノールは強力な抗がん活性があります。これらの食材を食事に上手に取り込むことで、がんの抑制にもつながります。

 

スパイス等を上手に毎日の食事に取り組むか、また体の症状に合ったスパイスの活用が健康寿命にも大きな支援となります。

Follow me!