国内旅行の需要は伸びています!地方の情報発信の在り方で集客も変わるのでは?

 

観光庁が発表した「旅行・観光消費動向調査」によると、2019年第2四半期(4~6月)の日本人国内旅行消費額(速報)は、前年同期比17.1%増の5兆9000億円だった。このうち、宿泊旅行が前年同期比16.4%増の4兆4289億円、日帰り旅行は19.6%増の1兆4711億円。

月別でみると、4月は6.6%増だったものの、5月は23.4%増、6月は20.2%増と拡大。特に5月の日帰り旅行が41.1%増の6321億円と大きく伸びたほか、6月の宿泊旅行も27.9%増の1兆3515億円で好調だった。

日本人国内旅行消費額の推移は以下のとおり。

観光庁:報道資料より

また、日本人国内延べ旅行者数は13.1%増の1億6525万人。このうち宿泊旅行は19.1%増の8335万人、日帰り旅行は7.6%増の8190万人だった。1人1回あたり旅行単価は3.6%増の3万5704円。内容別では宿泊旅行が2.3%減の5万3135円、日帰り旅行が11.1%増の1万7963円だった。 (トラベルボイス資料より)

 

国内旅行は第二四半期に入り急激に伸びています。9月以降も引き続き伸びる可能性が大きいと思われます。(近場の海外旅行の状況から)

秋の行楽シーズンに向けて、地方の情報発信の在り方を見直して、地元の隠れた情報の発掘をして広報し新しい地方の魅力を発信するのも集客につながるのでは?

地方活性に欠かせない観光事業の発信をもう一度考えてみては!

一般社団法人テラス 寺尾

Follow me!